ホーム 崎陽軒の歩み| 昭和20年から昭和64年
1946年
(昭和21年)
横浜駅構内飲食店営業の許可を受け、和洋食堂を開始。KY食堂と称す。
1948年
(昭和23年)
株式会社崎陽軒食堂と合名会社崎陽軒を合併し、資本金200万円株式会社崎陽軒を設立。
(取締役社長・野並茂吉)
1950年
(昭和25年)
横浜駅にシウマイ娘が登場
戦争の傷跡が残る横浜に明るさを取り戻そうと、横浜駅ホームでシウマイ娘による販売が始まった。
1952年
(昭和27年)
松竹映画にシウマイ娘登場
毎日新聞に連載された獅子文六の小説「やっさもっさ」にシウマイ娘が登場。翌年映画化されると全国各地で上映された。
1954年
(昭和29年)
崎陽軒の2大名物のひとつ・シウマイ弁当登場
1955年
(昭和30年)
ひょうちゃん登場
シウマイの折箱に添えられたしょう油入れに漫画家・横山隆一さんによって目鼻が加えられ、「ひょうちゃん」が誕生。
横浜駅前に鉄筋コンクリート3階建てシウマイショップ竣工
「横浜駅東口周辺を復興させたい」という願いと共に建設されたシウマイショップ1号館。総ガラス張り、丸いエレベータが当時の人々を驚かせた。
1964年
(昭和39年)
シウマイ自動包装機を採用
1965年
(昭和40年)
野並茂吉死去。2代目取締役社長に野並豊が就任
1967年
(昭和42年)
真空パックシウマイ販売開始
遠くまで持っていきたいという消費者の要望に応え、保存性の高い真空パックシウマイを開発。今では一般的名称の「真空パック」という名称も崎陽軒が独自に発案したもの。
1970年
(昭和45年)
郊外型レストラン「太陽戸塚」オープン
崎陽軒のレストラン事業本格参入の第1号店。
1975年
(昭和50年)
シウマイ製造工場(シウマイセンター)を建設
第3京浜・港北インターチェンジのすぐ脇に建設。シウマイの需要の拡大に対応し、品質向上と生産の合理化、効率化、省力化を実現した。
1980年
(昭和55年)
横浜駅ビル・地下街に中国レストラン開店
1981年
(昭和56年)
特製シウマイを開発・販売開始
1985年
(昭和60年)
中華レトルト食品販売開始
1986年
(昭和61年)
ヨコハマジャスト1号館竣工
旧本社ビル再開発の布石として、地下2階・地上8階立て本社ビルを建設。
現在も崎陽軒の中枢となっている。
1987年
(昭和62年)
中国上海新亜連運営公司より招聘した調理人が来社

▲ページの先頭へ戻る